天地明察
                           やっぱり岡田君は美しかった。
f0103986_201566.jpg

                         いや、岡田君の美しさもさることながら、
                        共演者たちの存在感。とても印象に残りました。
                              とてもいい映画です。
                            今日の年齢層ぐぐっと高め(笑)
                            一緒に言った友達は同い年(笑)
f0103986_202772.jpg

                               で、本が読める。

                というのも、原作のある映像ものはいつもどっちが先か悩む。
                     本が先だと、映像が物足りなく感じることがあり、
                    映像が先だと本の登場人物が俳優でしか浮かばなくなる。

                   でも今回は私がいつも読まないジャンルの時代小説だったから、
                        逆に映像があったほうが本が進むかと。




                               さ、これから本。

                   岡田君を思い浮かべて読めるなら、それはある意味幸せかと(笑)








ちなみに余談だけど、

本を読んでからでも十分映画が面白かったのは
後にも先にも「容疑者Xの献身」だけ。

要するに俳優の演技しだいで映像が原作を超えることもあるんだと。
(堤真一・松雪泰子。好きです。)

そんな映画がまた見たい。


天地明察はまた見たい。
息子にも見せたい。


そんな映画です。










                            映画の後は、舟のようなナン。
f0103986_202162.jpg

                              そしてお買い物。
f0103986_2022583.jpg

[PR]
by plume-maki | 2012-10-02 20:27 | 日々
<< エプロン。 週末 >>



  手しごと大好き。
by plume-maki
その他のジャンル
ブログパーツ